2017年05月24日

【泰】病院爆弾後疑わしい対象物や人物を警戒するバンコク khaosod May 23, 2017


 既報の補足・検証(表記)。
《骨子》
1。都庁が全区の役人に25人を負傷させた軍病院での月曜日の爆弾破裂に続いて注視せよと指示を下した。

2。バンコク都当局がその機関や公衆に疑わしい対象物や人物を注視し、あり得る緊急事態に準備せよと要請した。警察が主要な公共地域ーバス停、BTSスカイトレイン駅、BRT停車場を含むー及びVIPs自宅に配置された。彼らは尋常でない活動を同定すべくアパートやコンド経営者と協力せよと指示された。

3。高優先度の書状が月曜日の夜、秘書官パタルット・ダルダラナンダによって彼の全次席、区長及びその他関連するバンコク都団体へ24時間不寝番たれと送られた。彼の書状はどんな攻撃が見込まれるのかインテリジェンスが随伴していなかった。

4。書状によれば、都消防車全部が待機中、全治安カメラが試験され、自治体公安要員が必要ならば警察或いはその他役人の支援に待機している。バンコク都管理の病院がまた緊急事態に待機せよと命じられた。

5。別の攻撃が見込まれるとの示唆は何も与えられていないが、月曜日の爆破は2ヶ月で3度目のパイプ爆弾攻撃だと信じられ、もっと致死的な段階的激化を代表した。2件の先行する爆発で其々2人が負傷した、一方最新の爆弾は釘が詰め込まれ、病院の待合室に残された、犠牲者を与えるためだ。

6。バンコク都庁指令はまた都職員に緊急事態の場合は上司と接触せよと命じた。バンコク内の区役所や住民ネットワークは疑わしい対象物或いは人を注視するよう要請された。

7。関連する展開の中で、ユタパン・ミーチャイ、バンコク都知事アスワン・クァンムアンの秘書曰く、金曜日に導入されるだろう緊急計画の中に過去の教訓が教え込まれるだろう。(止め)
***
 通常の泥縄対処の話。これはタイ式その場主義対応で時間経過とともに自然消滅するだろう。
posted by 三間堀 at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【泰】3年続けて政府を悩まし続ける経済 SOONRUTH BUNYAMANEE  10 May 2017


 バンコク首都圏1都5県(バンコク都、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、サムットサコン県、ナコンパトム県)の1―3月の新築住宅登記件数は前年同期比55%減、中古住宅の同期売買高が32%減《newsclip》、それに自動車販売も冴えない。つまり鉄道インフラ投資を除けば、タイ国経済は実に燻んでいる。統治の正統性確保に経済の好調が欠かせない軍政には痛手だ。表記をつまみ食い。
《摘要》
1。今月後半に体制が3カ年の実績評価を発表するだろう。クー実行者が成功裏に秩序を回復し、維持した…ことを真実、体制がなしたという主張に私は異論がない。[斜体字強調は私、異論あり]

2。それでも、過去3カ年体制が取り組みに失敗してきた幾つかの核心的問題がある。そうした失敗が人々を懸念させ不幸にしている。

3。ひとつが経済的下降だ。

4。政府は増加する輸出と低インフレに並ぶ国内投資を引いて、タイ国経済が有望だと言い張る。

5。商業省曰く。1月の輸出が4年間で初めて上昇し3月は4.9%成長した。一方年の最初の4ヶ月間インフレが1.03%と低いままだ。

6。多くの事業営業者が大きさ或いは量が小さめの製品に同一価格を請求することで製品価格を間接的に高くしてきたことを商業省が認めた。

7。5月2−6日に実施された1,258人のスアン・ドゥシット世論調査が政府は経済取り組みに最弱だと暴露した。

8。将軍プラウィットの陳述が私を驚かせた。そうだ、彼は正しい。高所得稼得者は経済的下降に多くの苦難を受けない筈だ。これは今年最初の4ヶ月のタイ国に於けるポルシェ自動車の販売に見て取れる。報じられるところそれは昨年の134台から156台に跳躍した。

9。民主制の下なら、体制がその政策をめぐって議会により料理されるかもしれない。現在の独裁政治下では、それが精査を免れるだけでなく、決定を正当化する「創造的な言い訳」を使って様々なことから逃げてきた。[青字強調は私]

10。中国潜水艦購入計画の秘密承認なら議会の反対で明確に炎上するだろう。それは非常に粉砕されそうで主張される利害相反と呼ばれることだろう。だが体制は単純にそれを「海洋安全保障高揚」の計画と述べる。

11。それでも高い公衆の期待の3カ年後、NCPOは明らかに国家改革と宥和というその核心的目標を達成せねばならない。軍政が政治的状況を制御下に置くに際して統合的役割を果たしてきたけれども、これが現実的団結とまさに解釈される。(止め)
***
 かなり保身的な文章だ。政府の否自己検閲が強いのだろう。言いたいことは山ほどあるが、言わない。😠
posted by 三間堀 at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【泰】クー3周年にプラモンクットラオ病院(退役軍人病院)で爆弾事件 22/05/2017


 陸軍経営のプラモンクットラオ病院の爆弾事件、ちょっとだけ縁のある私には他人事でなかった。そこの軍医が私の心臓の主治医(別の私立病院でだが)で7年ほど前に心臓冠動脈の検査入院をしたことがあるからだ。事件が起きたのは折しもクー後3周年、しかも軍政の本体陸軍が管理する病院だから、爆弾事件に何も意図/メッセージがないとは言えないのだ。取り敢えず表記で事件概要を報告する。
《骨子》
1。王国陸軍の管理するバンコクの病院で一発の爆弾が破裂した。爆弾攻撃が2014年クー3周年に意図的に合致させるべく時宜を図ったかは不明のままだ。

2。2017年5月22日、中将サンスーン・ケウカムナード首相府報道官は、その朝遅くプラモンクットラオ病院で爆弾が破裂したと確認した。爆発は処方箋の配られる病院1階にある部屋で起こった。

3。爆弾の時期見計らいが軍政クー3周年に関し意図されたかどうかは不明のままだ。

4。爆弾はバンコクで今月2度目だ。最初は1週間前に国立劇場の外部で起こった。別の爆弾が先月古い政府宝くじ事務所近くで爆発した。

5。現場の初期捜査が回路基板と釘という形の爆弾の残骸を見つけた。誰一人犯行声明を出さず、当局は爆弾の出所や型を判別できないできた。軍政がもっと詳細な現場捜査を命じた。

6。NCPOが今夕関連する治安機関の緊急会議を開いた。

7。25人が爆発で些細な傷を負った。13人が軍人で1人が警官だ。負傷した者の多数派は退役士官や処方箋を待つ高齢市民だ。

8。プラモンクットラオ病院は王国陸軍管理の公開病院だ。軍人や市民に医療業務を提供するほかに、それはまた軍の医学生のための教習病院だ。(止め)
***
 余談)国立病院同様武骨だが巨大な病院建物を持ち、古い私の入院時記憶では兎に角患者が殺到して予約さえままならない。私は主治医の手配で病室を確保しカテーテルで心臓冠動脈の検査を受けた。病室は素っ気ないが機能的で、献金で建設された旨が氏名と共に掲示されていた。テレビ報道で同病院のファサードが映し出され、記憶があると感じた。偶々だが21日、心臓の3ヶ月定期検診で軍医の先生と会っていた(但し、別の私立病院で)。
posted by 三間堀 at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tyler Durden週末の目玉ニュース:トランプ May 21, 2017


 表記からトランプ関連のみを拾う。
《骨子》
1。元FBI長官ジェイムズ・コミーがメモリアル・ディ後のいつか上院インテリジェンス委員会の公聴会で証言するだろう。金曜日晩CNNが上院の声明を引いてこれを報じた。

2。またCNNは週末にかけて、トランプがコミーに影響を与えようとしたとコミーが示唆するだろう物語を身元不明筋を引いて流した。これがトップ見出しになりつつあるが、これら主張の有効性は未知だと銘記し給え。
ー同筋はコミーが影響を感じなかったことを示唆すると一部の者の取った先週のコミーの書かれた記録に脈絡を与えるよう見かけ上努める。それはコミーが「彼の罷免前の大統領の意図について何の結論にも達していなかった…その交流の間新大統領が正常な儀礼に従っていないとコミーは即時にまさに悟った」と主張する。

3。コミーの父親もCNNインタビューに割って入った。

4。J・ブライアン・コミーが信じるに、先週の息子の解任は「トランプ問題だ」。86歳曰く、「コミーは彼に100%の忠誠を与えなかった、彼は一緒に働く者のそれを要求する。コミーが言った、100%の正直さを与えるが忠誠心ではない」。

5。土曜日にNYTが、インテリジェンス界もまた別の証言を求めている、と報じた。「トランプ選挙戦に通信助言者として仕えたマイケル・カプトはまた、ロシアの選挙干渉を捜査中の下院委員会により、自発的なインタビューへの応諾と尋問に関連する持っているかもしれない文書の提供とを依頼されてきた」。(止め)
posted by 三間堀 at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米】大統領トランプに企てられているクーへの警告 EIRNS May 19, 2017


 ごく普通にトランプ弾劾リスクが語られ、国家の深奥/奥の院の企てと言う。先ずは側近を狙い撃ちして…この辺になると陰謀論との差が見えにくい。だが、それなりの人物が語るなら耳を傾けない訳にはゆくまい。表記はリンドン・ラルーシュ・Jr.主催のEIRが報じたものだ。
《骨子》
1。米国の政治様相の相異なる部分からの声が、クーデター以外の何物でもないものが米国大統領職そのものに対して企てられているとの警告を提起している。様々な著者により提示される特定者は異なる。今まで、米国闘争の地盤に余りに近く執着することで、リンドン・ラルーシュが彼らの正しく恐れるクーを打ち負かす鍵として同定してきた地球上で進行中の技術的戦略移動を認識しない。

2。例えば、ロバート・ペリーが昨日それを釘付けにした。2014年ウクライナで実現したものとトランプに対し進行中の「柔らかいクー」を比較した時で、リンドン・ラルーシュ運動が従来攻撃していた通りにだ。彼のConsortium Newsブログに昨日書いた(「トランプ・クー実行者の来る時」)。即ち「だから米国式柔らかいクーがどのように見えると考えたのか。目論まれる大統領トランプ除去に関して我々が見ているものは、イラン1953年或いはウクライナ2014年或いはブラジル2016年のどれにせよ、数十の他国で起こってきたものからそんなに違わない」。

3。元民主党下院議員のデニス・クシニッチは、2日前のフォックス・ニューズのショーン・ハニティとのインタビューの中で、大統領トランプへの攻撃を米大統領職そのものへの攻撃だと同定した。つまり「目論見は大統領の引き摺り下ろしだ。今、これがアメリカにとって非常に危険だ。我らが共和国にとっての脅威だ。それが我々の暮らし方にとって今そこにある危機を構成する…我々は問いかけていなければならない。つまり、これらの人々の動機が何か。誰がこれら漏洩を表に出しているのか。何故誰かが登場して突撃しないのか、メディアを通じた攻撃を通じる代わりに名前や評判を隠さないのか、何故立証しないのか。これは一大統領についてでない。これはインテリジェンス機関やその機関の個人により攻撃されているアメリカ合衆国の政治過程についてだ」。こうクシニッチが決めつけた。[太字強調は私、大統領候補に立候補したことがある]

4。ハニティがこれとは別に昨日社説的声明を出して警告した。「大統領トランプをぶち壊し執務室から追い出す大規模な努力の足跡がワシントンにある。それはアメリカ国民の意思を転覆しこの共和国の基礎を切り崩す…企てに他ならない。アメリカ国民、集会に行き彼に投票した者の否定不可能な嘆き悲しみが彼らの投票したものに立ち上がる時だ」。

5。ダニエル・マッカーシー、パット・ブキャナンが共同創立者のThe American Conservativeの自由編集人が、今日警告した。即ち「トランプが最も鉄壁且つ普遍的に受容される地盤以外の何であれに乗って弾劾され除去されるなら、我々の以前に見たことのあるものであるよりも、人の希望する暴力のでなく、両党政治体制派の、超党派を超えた国家の深奥の大きな発作を国が経験するだろう。第一にトランプの選挙に至った正統性の危機がもっと悪くなるだけだろう。残酷な真実は弾劾が既に進行中なことだー大統領のでなく、ワシントン政治エリート全体のだ」。[同](止め)
posted by 三間堀 at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

【中・比】ドゥテルテ曰く、フィリピンが石油掘削すれば中国の習が戦争だと威嚇した May 19, 2017


 身が凍るような威嚇だったのかは分からないが、「戦争」という言葉を口にしたのなら、単に丁々発止したのではないのでないか。蜜月が終わったとも言われるので取り敢えず表記を簡約しておこう。
《摘要》
1。金曜日フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテ曰く。中国の相方習近平は、マニラが仲裁裁定を執行し南シナ海の係争地域のひとつで石油掘削しようとするなら、戦争になるかもしれないと警告した。

2。ドゥテルテ曰く。両者が月曜日北京で会った時、それを習と議論して堅固だが友好的な警告を受けた。[青字強調は私]

3。「我々はそこで石油掘削する積りだ、若しそれが貴国のものなら、そうさな、でもそれは貴国の見解だ。私の見解は、地球の鉢内部に何かあるなら、私が石油を掘削できるだ。何故ならそれは我々のものだからだ」とドゥテルテは演説の中で習との会話を思い出しながら語った。

4。習は彼に「それに触るな」と命じたと彼が述べた。(止め)
***
 秋まで平穏に過ごしたい習。北朝鮮問題を抱えて、アセアンと「行動規範」枠組みに合意、問題の凍結か沈静化を図っている。二正面作戦を避ける常識的対応だと思うが、トランプ米国は支離滅裂風だ。
posted by 三間堀 at 15:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必読)中国と東南アジア諸国が南シナ海のため「行動規範」に合意す VOA News May 18, 2017


 えっ、本当かいねと驚いた。難産だった「行動規範」(但し最終合意でない)に中国が同意するなんて(表記)。一方で中国が戦争する気かとドゥテルテを恫喝した(これは別途検討)…とまれ先ずは事態を確認しておこう。
《骨子》
1。中国とアセアンが南シナ海に於ける行動規範枠組みに合意した、係争海域での緊張を緩めるかもしれない展開だ。

2。中国外交部長曰く。アセアンと中国との上級高官が最終合意ガイドラインを確立する枠組みに合意した。貴州省南西部の会合で条件に達した。

3。台湾やアセアン加盟数カ国からの対抗主張が部分的にあるに拘らず、中国は広大な石油・ガス埋蔵量の源泉と信じられる南シナ海のほぼ全部の所有権を主張する。係争が普通全員合意で運営するのに努めるアセアン加盟国間に亀裂を生み出してきた。

4。中国が地域の軍事施設を支持できる海中に人工島を建設する戦略に従うに連れて、問題が近年段階的に激化してきた。同戦略が他の主張国や米国から熾烈な反応を挑発してきた。彼らは戦略的に重要な地域を通過して自由に航行する能力を中国の行動が脅かすと論争したからだ。

5。枠組み草案は見込まれる協定を「南シナ海に於いて当事者の行動を誘導し海洋協力を促進する一組の規範」と記述する。加えてそれは「領土係争を決着する道具ではない」。[青字強調は私]

6。アセアンと中国とは2002年に領土への主張を断言するのに威嚇或いは実力を用いないとの非拘束宣言を採択した。だが中国は法的に拘束する宣言の嘉納するのを拒んで、代わりに介入時を使って人工島を建設した。元比大統領ベニグノ・アキノは中国の主張に堅固な立場を取っていたが、両国間関係が昨年の大統領ロドリゴ・ドゥテルテの選挙以来相当温まってきた。彼が援助や投資で報いられることを希望し同問題に関し中国と衝突するのを否定したからだ。中国及びフィリピンの高官が金曜日に中国で係争部分に関する初回会合を持つだろう。

7。木曜日にドゥテルテ[比大統領にしてアセアン議長]曰く。彼は喜んでライバル主張国の中国及びヴェトナムと並んで南シナ海の天然資源を探査するだろう。(止め)
***
 青字強調した通り、この枠組みで問題解決はしない、今後の交渉次第だ。問題は恐らく既存人工島を破壊するなんて中国が承服しないだろうこと、新規建設を停止するのか、当事者間合意で公海を狭めないか或いは取引と引き換えに中国主張(係争地以外の全域)を受容しないか。当事者だけに任せて良いのかだ。相当妥協しても中国の南シナ海内海化が認められれば、非当事国が航行の自由を失うかもしれない。今回の進展は確かに前進ではあろうが、国際社会がそのまま容認できるかは別ものだ。
posted by 三間堀 at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米】コミーFBI長官(当時)の宣誓証言:5月3日上院司法委員会


 政争の目玉になったコミー罷免事件の鍵、捜査妨害・圧力の有無に関して、表記証言部分を採り上げる。
💣証言💣
1。私の経験では(圧力は)無い。何故ならそのようなことをするのを停止せよとFBIに命じるのはー適切な目的なしではー大きな問題になるやもしれない。

2。彼らが屡々意見を寄せる中、我々には事件が見えないから資源をそれに投資するのを停止すべきということはある。だが、政治的理由から何かを停止せよと命じられた状況について私は語っている。それが非常に大きな問題かもしれないから。

3。私の経験では起こったことがない。(止め)
ーーー
4。Tyler Durdenの付記。
 テープに録ったのか。
 一部の者が指摘した。コミーは、司法省の誰か或いは司法長官がこれまで彼に捜査停止を依頼したことがあるかどうか、という質問に特定して答えている。
 その通りだが、彼の回答は特定的でない。彼の回答は一般的だ…(止め)
posted by 三間堀 at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする