2017年05月28日

【泰】退役軍人病院爆弾事件:世論は政治関連と見る TPBS May 27, 2017


 スアン・ドゥシット・ラジャバト大学が最近実施した世論調査が事件を政治関連と見る国民の多いことを明らかにした(表記)。今後の展開の前兆かもしれぬので短信ながら採り上げる。
《骨子》
1。世論調査は5月23−26日、25人の負傷者を出したプラモンクットラオ病院爆弾事件の1日後から実施された。

2。国中の総計1,157人が権力に就いて3年後の軍政業績評価を依頼された。

3。最近のバンコクに於ける爆弾爆発の続発[本件含め1ヶ月で3回]が公的騒動を生み出すことを意味したものと81.76%が見ると結果が明らかにした。

4。78.22%が爆弾事件が政治関連だと信じ、他方73.21%がこれは軍政イメージへの不信と見た。そして70.70%曰く軍政権力の拒否だ。

5。ドゥシット調査はさらに、76.77%が政府に治安強化と正確なインテリジェンス運営をさせることを欲する、と言う。

6。73.03%が政府に実行者を裁判にかけろと要請し、63.35%が公衆にもっと多くの情報を公表せよと欲する。

7。2014年5月22日に選挙された政府からの権力掌握後の軍政の業績について政治家が最近声にした意見に関して、71.22%が批判は政治家にとって正常だと見、一方67.76%が権力就任後3年間の軍政が並外れてよくやったという事実から批判が生まれているかもしれないと言う。(止め)
***
 治安維持(平和と秩序)が国軍の通常任務であることを識別せず、軍政の功績にあげるのは致命的間違い。当時も書いたが、インラック政権末期のバンコクの治安維持に軍隊は非協力的で寧ろX−の口実作りに利用した。本来彼らの任務懈怠をこそ責めるべきであり、国XXX罪なのだ。
posted by 三間堀 at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【泰】タイ人7人に聞く軍政の3年 その4(完) khaosod May 22, 2017



【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら
市民ジャーナリストの侮辱
33。サグアン・クムルンロはかなりよく知られた、反軍政の市民ジャーナリストでフェイスブックにほぼ17,500人のフォロワーを持つ。サグアンは元首相インラック・シナワットラの恥ずかしがりの支持者である振りをしない。そして彼の軍政への意見が体制に反対の多くの支持者に共有される。

34。軍支配の3年が前例のない人権侵害の結果となった、とサグアンは言い、メディアー主流であれその他であれーは体制への怒りを感じてきた。このインタビューの時、体制は報道への多大な制御を許すメディア「改革」法案を押し込んでいる。「ミャンマーは希望ありになった、国際的制裁を恐れるからだ。一方タイ体制は権力掌握を長引かせられる状況を生み出す方法を見つけている。これは、既に彼らが非常に多くの損害を与えてきた事実にも拘らずだ」とサグアンは言う。

プアタイ政治局の懸念
35。プムタム・ウィチャヤチャイは心配している。2014年クー期間中に追放された政府を運営したプアタイ党の強力な書記長は政治的様相が予測不能と言う。「社会は予測不能状態にある。それは権力にある者次第だ」と64歳のプムタムは言い、今はちょっとマシだ、選挙への憲法とロードマップがあるからと付言する。「思うに彼らは権力により長く留まりたいが、彼らが成功すると私は思わない、何故なら国民の期待が彼らに強制するだろうから。予測不能性に導く多くの要因がある」。

36。プムタムは、軍政が王国をさらに後ろに引きずるのに抵抗する社会の力学に、賭けている。「軍政に従わないだろう力学が社会にはある」と詳細を述べずに彼は言う。「社会は自由を必要とする」。

37。プアタイの大物は過去3カ年形を潜め軍政の訴追を避けてきている。プムタムは、政治を離れて自身の健康や家族の世話をする時間を持てたから、3年間の軍支配の前向きな側面をなんとか見ようとした。

38。「だが政治のことを考えると、憂鬱だ。軍政は他の人々の諸権利を決して顧みない」と彼は言う。「タイ国がこの独裁に成り終えらると思わない。権力を使って人々を強制する精神性は間違いだと思う。相異なる意見を受容しようと努めねばならぬことが重要だ。これが宥和にとって諸問題を負わせている」。

39。すべての反対に拘らず、プムタムは3年後なんとか幾分の楽観を維持してきた。「安易に希望は失わない。強制は長期的に成功しない、社会がいつだって変化しているから」。(止め)
***
 私の所見は3年間に本ブログの随所で語ってきたものの現下のタイ国の言論状況では語れない。因みに本記事の掲載紙はしばしば軍政の呼び出しを受けている。まあ、㊕(避難先)扱いも安全かどうか分からないのだが…ツイッターに直接リンクを貼らない(ツイッターは軍政に協力姿勢なのでXXと危ない)。
posted by 三間堀 at 02:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

【米】ウオーターゲート事件ボブ・ウッドワードの語る米マスコミへの助言(英語)