2017年06月17日

【米】トランプに対するクー謀略 2題 後編 EIRNS


【承前】前編はこちら
Aチャック・グラスリーの暴露
・The Hill が9日付で報じた。上院議員チャック・グラスリー(共-IA)がトランプに対し進行中のクー、その主たる報道官がジェイムズ・コミー、に適切な対応をした。グラスリーがグレン・シンプソン、Fusion GPS[インテリジェンス調査研究法人]の長に、同法人が悪臭のする英国スチールの一件書類についての自分の従来の情報要請に自発的に回答しないなら、上院規則の下その情報を召喚するだろうと述べる手紙を送った。

’クリストファー・スチールは悪臭のする彼の一件書類を、当時クリントン選挙戦のために働いていたワシントンDCにある反対調査法人Fusion GPSの後援の下、準備した。

・スチールは英国情報部の元ロシアデスク長で、依然女王陛下のシークレットサービスとFBIの高位者と協働する。グラスリーはスチールに金を払ったのが誰か、Fusion、スチール及びコミーのFBI間の関係が何かについて尋ねた。Fusionがグラスリーの尋問を阻む試みのため20の特権を放棄した。コミーもまたグラスリーによる類似の尋問を拒んだ。

・コミーが木曜日に、1月6日彼が1対1会談で大統領にスチール一件書類を提示したと証言したので、他のインテルの長たちが室外にいたと明確になった。同書類にはロシア娼婦とのトランプによる性的不行跡という辛辣な主張を含む。この会議へのコーミーの一般的な理性とは対照的に、それが『J.エドガー・フーバー瞬間』として解釈され得るかもしれないと上院証言で呟いた。つまり、彼は大統領を脅迫してエリートのロシアに対する継続的な戦争を黙認させようとしていた。英国インテルの産物は他にも米国選挙へのロシア撹乱に関連する騒々しい防諜捜査全体のためFBIのロードマップとして仕えてきた。(止め)
***
 故ブレジンスキーがラルーシュ史観と名付けた、ブリテン陰謀論は今も脈々と生きているから、何かと悪漢ブリテンが登場する。ラルーシュにとって米国を真に動かしているのはブリテンなのだ。それを一時脇においてもシンクタンク、インテルの世界で英米の結びつきは強固で、悪名高いのはブッシュ子のイラク侵略の口実作りにでっち上げされたイエロー・ケーキ関連の英国一件書類(dossier)だ。

 そしてお気付きの通り英国をブリテンと呼ぶのは英国のTHE DEEP STATEのことだ。
posted by 三間堀 at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。