2015年10月22日

【米】債券市場がパニックを始める:4週間もの入札に亀裂、利回り高騰 Tyler Durden 10/20/2015


 その規模、金利へのインパクトから株より注目すべきは債券市場と言う。特に米国債市場の衝撃度は全球的だ。金融プロの世界であり、一般には馴染みが薄いが、重大な動きだ(表記)。ちとテクニカル。
《骨子》Based on US Fair Use
1。2週間経たぬ前、大方の予想よりも遥かにずっと争いに成っている来る債務天井闘争を事前評価した時、我々は「この状況が深刻になりつつあると市場が判断する転換点のために財務省証券利回りに注目せよ」と言った。

2。事態は昨日公式に深刻になった。我々が報告した通り、財務省の緊急手段が11月3日、すなわち2週間未満で費やされ切るだろう、それが11月半ばの財務省証券利回り高騰に繋がるとの最新のジャック・ルーの警告後、財務省証券利回りが高騰した。

20151019_bill_0.jpg

3。だが、「深刻」が横切って「パニック」領域へ入る場所が、数瞬前、米財務省が50億ドル財務省証券を売却した時に起こった。予想通り、5週間の0.000%という高利回りの後、既発債市場で起こっていることに共鳴して、本日の利回りが高騰した。

20151020_4wk1_0.jpg

4。併し、世界中で株が気遣いなしに浮上し続けている間、2015年債務天井闘争が2011年と2013年双方の反復よりももっと悪くなるだろうと債券市場が今や確信したことが決定的に明確になった場所は、オークションで申し込まれた入札の数でだ。

5。丁度224億ドルの地点、これは先週の483億ドルの半分未満だった。昨年1270億ドルの平均的申し込み入札の約20%だ。この需要沈没は2013年末の債務天井闘争からさえも下回った。それは事実非常に悪かったので、ベン・バーナンキの目には中央計画が単に光だった2006年10月以来、申し込みのあった入札の最低額だった。

20151020_4wk3_0.jpg

6。問題はこうなる。突然のパニックーそして反乱ーの債券市場が2週間のうちの債務天井決着について何を知るか。株式市場は知らないだけでなく、明確に気遣いを拒否するかだ。(止め)
***
 言うまでもなく金利上昇は債券価格下落を示し、保有債券に評価損を発生させることだ。それは外貨準備に米国債を持つ国にとっても同じだ。
posted by 三間堀 at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。