2018年10月17日

【中】中国自動車販売が記録的な下落を被る、歴史的崩壊の始まり Tyler Durden 10/12/2018


 自動車販売市場規模で世界一となった中国市場、これとどう取り組むか、自動車産業/一刻経済の盛衰だから産業のみならず国家にとっても極めて重要だ。だが単純でないのは中国が共産主義国家であり、民間企業にも共産党組織を組み込んで統制を強化することだ。当然、自由な企業活動は制限され、産業のダイナミズムが失われ、つまらぬ権力闘争にも巻き込まれるだろう。欧米企業の撤退が噂される中、中国に賭ける日本メーカーとは皮肉な絵である。経済崩壊がいつかと言われて早数年、まだ突っ込んで行くのか。

 こうした疑問が数ある中、経団連が旗振りを務める。不思議な現象だ。そんな楽観に冷水が表記、自動車が極めて重大な産業だけによくよく考えて欲しい。
《骨子》Based on US FairUse
1。今月初、我々は報告した。米国自動車メーカーがディーラー及び顧客インセンティブを削減した一ヶ月後、大半のOEMが最も悲観的な評価にさえ届かず、米国自動車販売が沈没した。今、米国自動車の病弊が世界最大の自動車市場中国にまで広がった。

2。最新の中国自動車販売市場(数十年間全球的成長の最も信頼できるエンジンの一つであり続けてきた)を眺めて、ブルームバーグは「最終的にやって来るかもしれない」全てだと警告した。

3。理由。ディーラーの乗用車購入が沈没したのは三ヶ月連続だと、金曜日中国自動車製造業者協会が述べた。そして米国との貿易中隊が日増しに悪化して、ほぼ今年自動車販売が殆ど上昇しない。業界は今や記録上初の販売減少に直面している。

4。九月のデータが示すのは、ディーラーによる乗用車購入の前年比12%減少の九月二百六万台に達した、記録上最大の下落だ。
中国自動車販売2018.9.tiff
出所)表記、以下も同じ。

5。九月の下落で市場は今や今年九ヶ月間で僅か〇・六%の上昇だ。そして同協会が言った。二千十七年との比較で第四四半期は挑戦的だ。謂は対前年比での減少が確信されている、市場は通年で成長を示すだろうという予測に同協会が執着しようともだ。

6。ブルームバーグのインテリジェンス分析家スチーブ・マンによれば、沈滞は自動車聖俗業者が中国でこれまで経験した中で最大になるかもしれない。米国に似てより弱いブランドが不釣り合いに打撃を受けるかもしれない。それに業者は販売に拍車をかけるため価格切り下げを必要とするだろう。マン曰く、一部自動車メーカーもまた在庫を減らし原価を削減するために工場閉鎖に追い込まれるかもしれない。

7。意地悪く言えば、減速が来るのは経済開放する政府に助力されて、全球的なブランドが中国へのより大きな押し込みをしている時だ。木曜日BMWが中国とのJV支配権確保のため四十一億ドルの取引をすると明らかにした。これで、地元パートナーシップの多数派持分を外資系会社に持たせる中国の政策を利用する初の自動車メーカーになる。

8。ドイツの超高級車メーカーもまた西洋ブランドの中で依然として中国での製造能力を増強しており、電気自動車を含むモデルの地元生産を拡張する。

9。テスラもまた世界最大の電気自動車市場でより大きな切り分けを獲得すべく中国での独自工場建設を推し進めてきた。それは自動車輸入の増大する関税を回避するためでもある。

10。中国の減速がゼネラル・モータースといった名前を既に打撃中だ、同社は九月三十日締め三ヶ月の中国引き渡しで十五%の下落を報告した。米国との貿易緊張が七月に高まり始めて以来最初の四半期報告だ。フォルックス・ワーゲンACと本田モーターもまた引き渡し減少を報告した。

11。沈滞する需要の背景のもう一つの要因は昨年中課せられていた購入勢に関するリベートの場面終了だ。ブルームバーグが付言するように、不動産価格の増加といった予期せざるハードルもまた需要に重くのしかかる。シュー・ハイドン、協会次長が北京で記者団に教えた。相互の輸入に関税強化を課してきた米中間貿易戦争激化の最中、減速がやって来る。そして小売業者が新税を消費者に転嫁してきているように、中国市場は売り切りだ。この目には目をのやり合いが買い手の支出抑制という恐れに結果した。それらの恐れが今や実体化した。

12。全球的OEMにとって事態をさらに悪化させることに、自動車メーカーが工場建設と規模増大に最近数十年数十億ドル投資してきた中国での減速が業界に地球上での成長源泉を発見する力闘を残した。米国との貿易戦争は超高級車BMWやダイムラーを蹴上げてより低い利潤を警告した。一方中国の消費者がショールームの外に留まらせ、ジャガー・ランド・ローバーに一時的な工場閉鎖を強いた。

13。これら懸念が欧米自動車メーカー双方の株価で実現した。そしてEU自動車部門の株価が二年来の低さに滑り落ちた。
名称未設定2.tiff

14。…一方米国自動車部門がほぼ六年のうちで最低水準へと転落した。
名称未設定.tiff

15。そして最も悶着の大きい中国の突然収縮する自動車産業の指標はーフォードの株価が二千九年十一月以来最低水準へと沈没したことだ。
名称未設定.tiff

16。業界へのこの唐突な打撃に中国の自動車ディーラーは如何に対処しているのか。大半の他の業界同様にー中国、米国の双方でー困難な時期に対応する。彼らは北京からの新規援助を漕い、中古車への付加価値税課税といった方法への変更を含む需要喚起を援助する新規施策に追いつくよう政府をかき口説く。北京は需要折り重ねをするだろうことがありそうだ、代替策は中国の最悪の場合のシナリオだからだ。つまり、デフォルトと数百マン人の失業者、ウンザリして怒った労働者の波だ。(止め)
posted by 三間堀 at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。